BLUE K SAFALI MALDIVES

CRUISE LOG 航海日誌

2017/02/10

01月28日~02月03日 航海日誌 南周りコース

皆さん、こんにちは! MINAです。
今週は、北マーレ環礁から南マーレ、ヴァーヴ、ミーム、ターまで
行くいつもと違った「南周りコース」。
スペシャルなコースを求めているリピーターの方、初モルディブの方も
含むグループ「O-35 Divers」の皆さんにご参加頂き満員御礼でスタートです。

ダイビング 初日
いつもなら空港近くでチェックダイブしてからの移動ですが、
今回はいきなり環礁移動。1週間で通常コースの2倍くらいの距離を走るので
少しでも南へ。なので、チャネルダイブからのスタートです。
チャネルでのダイビングスタイルのブリーフィングを聞いて、
緊張気味にポイントに着くと、流れはスモールでまったりダイビング。
固有種のコラーレバタフライフィッシュやインディアンバナーフィッシュなどを
ゆっくりと観察できました。
蜀咏悄 1 蜀咏悄 2

2本目は「グライドゥ コーナー」の予定でしたが、流れがアウトの時間だったため
「カンドゥーマ ティラ」へ。何事にも臨機応変にできるのがサファリの良いところです。
少し透明度が悪かったものの、グレーリーフシャーク、マダラトビエイ、
ナポレオン、ギンガメアジ、ロウニンアジなど大物いっぱい。
蜀咏悄 3 蜀咏悄 4 蜀咏悄 5 蜀咏悄 6

ランチ後は、更に南下してヴァーヴ環礁へ。
そして3本目ももちろんチャネルダイブ。そう、南周りコースは根のダイビングではなく、
ひたすらチャネルダイブが続くのです。
ここではしっかり流れのある中、コーナー付近で根待ちです。
かなりの数のグレーリーフシャークが行ったり来たり。
少し深いので残圧とダイブコンピュータをチェックしつつ、許す限り粘ります。
蜀咏悄 7 蜀咏悄 8 蜀咏悄 9

ダイビング 2日目
今日は朝から曇り空でしたが、1本目は昨年グレートハンマーヘッドシャークと
遭遇した「ゴールデンウォール」へ行くので、ブリーフィングにも気合が入ります。
流れがストロングのため、グループによってエントリーポイントを変えてジャンプします。
すると、リーフ近くからエントリーして、すぐに潜降したチームは大当たり!
泡が真横に流れる中で、しっかりとグレートハンマーに出会えました\(^o^)/
ここで、2年連続で見た人も! ラッキーですね☆
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 蜀咏悄 14

次の「ラキードゥ コーナー」では、アウトの流れのせいか少し透明度が
良くないものの流れがスモールなのでリーフ沿いをゆっくりダイビング。
小さなマダラトビエイや大中小の各サイズのナポレオンも登場です。
昨年来た時、リーフトップはキレイなテーブルサンゴにスズメダイや
チョウチョウウオなどが沢山いてキラキラしていたけれど、水温の上昇で
サンゴが死んでしまっていて本当に残念な感じでした(涙)
蜀咏悄 15 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 蜀咏悄 17

今日の1本目もハンマーが見られて大当たりでしたが、ミーム環礁にある
「ヴァンフラヴァヒ」でも大当たり!! ミディアム~ストロングの流れの中、
グレーリーフシャーク20匹ほどがウロウロと、その向こうからマダラトビエイ編隊が!!
数えたら16枚も♪
蜀咏悄 18 蜀咏悄 19 蜀咏悄 20 蜀咏悄 21

夜は皆でトップデッキに上がって星座観賞☆ NASAで働いていたナサオくん(笑)の
解説を聞きながら星空を見上げます。周りが真っ暗な海の上なので、
星が多すぎるくらい見えちゃいます。ミルキーウェイに流れ星☆彡
明日も楽しい日になりますように!

ダイビング 3日目
今日は早朝から移動して、最終目的地のター環礁へ向ってチャネルで大物狙いです。
昨日、ウォッシングマシーンに巻かれ大変だった人もいたので、
ドキドキしながら準備をするものの、今日は3本ともスモールカレントで少し拍子抜け。
リーフ沿いを流すまったりダイブ、キレイなサンゴに癒されます。
気が抜けたせいか、ウエイトを付けるのを忘れる人もいましたね~
エントリーして潜降するも一人だけなかなか降りてこない。
BCDのエアを抜いても沈めず、手を貸し、ウエイトを足して何とか潜降。
無事にダイビングも終盤になり、そろそろ安全停止をしようと思った時に
ウエイトベルトがない!!とサインを出され、「えっ、今更?!」
気づいていなかったのは本人だけ、他の皆は最初から分かっていましたよ(笑)
皆さん、ウエイトの付け忘れには注意しましょうね!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のコースは、ジンベイもマンタも狙わない、チャネルで流れと大物を
求める少しマニアックなコースです。でも今日の夜は、
ジンベイが来るかもしれないという所に停泊し、ライトを照らしながら
ジンベイを待ちます。海に入る人はもちろん、お酒は我慢です。
夕飯を食べ、船の後ろで海を眺めて待つもののジンベイはやってこない(>_<)
プシュとビールを開ける音が聞こえ、1人脱落、また1人脱落・・・。
22時頃には雨が降ってきて、続々と諦める人が!
時間も遅くなり、ほとんどの人が部屋に行った頃に2~3匹のイルカが
船の周りに集まった小魚を食べにやってきました。
粘ってジンベイを待っていたゲスト2名がイルカと泳ごうとスノーケルで
海に入ります。が、このイルカたちは全然フレンドリーではなく、
入ると船から離れ、上がると近寄ってくるという・・・
なんて意地悪な(T_T) 結局、水中ではチラッと見えたくらい。
12時過ぎまで海に入っていたお二人、元気ですね~~
蜀咏悄 25 蜀咏悄 26

ダイビング 4日目
昨日の夜の雨が嘘のように上がり、今朝は晴れて青空に。
そんな朝一のダイビングは、ハンマー狙いでブルーウォーターの中を
ひたすら泳ぎます。透明度良く、天気も良くて気持ちが良い。
コーナー付近に来ると、グレーリーフシャーク、イソマグロ、バラクーダが
ちらほら、ツムブリの群れは青い海に映えてキレイでした。
お目当てのハンマーはまた次回のチャレンジで!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 蜀咏悄 29

次の「ディフシ」は、チャネルの幅が狭いので引き込みの流れが
強くなるため気を付けるようブリーフィングで言われ表情がこわばります。
でもまたしても、アウトでスモールカレントのため、まったりダイビング。
リーフ沿いをゆっくりと進みながら、思い思いの被写体をカメラに収めました。
蜀咏悄 30 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 蜀咏悄 32 蜀咏悄 33 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2本目でター環礁は終了で、ミーム環礁へ戻ります。
「ムリ コーナー」の流れもアウトでスモール、しかも透明度が今一つ。
でもここのイソマグロの大きさには驚かされました(◎_◎;)
リーフ沿いを進んでいたら、急にリーフから離れてダッシュするチームが!
「何、何?!」とついては行くが、全く分からない。
上がってから聞いてみると、カジキがいたらしい。しかも見たのはASLAMのみ。
こんな視界でも良く見える目が羨ましいですね~

夜になると、クルーが船の後ろでフィッシング。負けずとゲストもフィッシング、
というか小魚を網ですくってゲット! シェフに頼んで翌日のランチに
フライにしてもらいました。美味しかった~~(^O^)
蜀咏悄 36 蜀咏悄 37

ダイビング 最終日
今日はいつもより少し早い時間のブリーフィングで目指すポイントは
「ヴァンフラヴァヒ」。 2日目に行ってグレーリーフシャーク、
マダラトビエイが大当たりしたポイント、そしてウォッシングマシーンに
はまり大変だったポイントです。
今回は、エントリーをチャネルの中央からとコーナーからに分けて、
サメをはさみうちしようという作戦です。でも入るとすぐにイルカの鳴き声が
聞こえてきます。しかも近い! サメどころではなくイルカ探しが始まります。
1チームはエッジを1往復半くらいしていました。
でもイルカにはそう簡単に出会えるものではなく、コーナーに戻ったら
グレーリーフシャークがこっちを見てくれと言わんばかりに大小合わせて
10匹位が近くまで寄ってきて大迫力!!
蜀咏悄 38 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またもや環礁移動でヴァーヴまで戻り、地形も面白い「フォッテヨ」で
ダイビング。深場のオーバーハングの中にはアケボノハゼ、外海側には
サメやマダラトビエイ、イソマグロ、コガネシマアジなどがいて、
サンゴの周りにはスズメダイ、キンギョハナダイ、イッテンフエダイ、
ムスジコショウダイが群れています。砂地もあったりして見どころいっぱい!
そして、ここでもカジキ登場!! でも今回もガイドだけ。
KIKOだけが見たのでちょっと微妙・・・。
蜀咏悄 40 蜀咏悄 41 蜀咏悄 42 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後はお馴染みの「ミヤルカンドゥ」に行く予定が、海が荒れていて移動に
時間がかかり、急きょポイント変更で2つほど南にあるチャネルで潜りました。
通常はあまり行かないポイントなので新鮮味があります。
もう少し流れがあったら大物が色々出るのでしょうが、
今回の流れはスモールでまったりでした。

今週は、チャネルダイブで大物狙いの「南回りコース」。
先週よりも透明度アップで良かったけれど、南周りの割に流れが
物足りない感じの一週間。でもグレートハンマーに、マダラトビエイ編隊、
グレーリーフシャークが沢山見られて良かったです。
大物、流れが好きな方、また是非スペシャルコースでお待ちしてます。
そして、初モルディブの皆さんは、次回はジンベイ、マンタ狙いの
王道コースに是非参加してモルディブらしさを味わってほしいです。
ではまた皆さんとボートでお会いできることを楽しみにしています(^O^)/
ご乗船誠にありがとうございました。
蜀咏悄 44

《今週の記念ダイブ》
MINORUさん 200本
YOSHIさん 400本
TAKAKOさん 777本
SHINYAさん 1,300本
皆さん、おめでとうございます(^O^)/
蜀咏悄 45

《写真提供》
SAYOさん、YOSHIさん、TAKAKOさん
ありがとうございました(*^▽^*)

Copyright © YOKOHAMA COMPANY All Rights Reserved.