BLUE K SAFALI MALDIVES

CRUISE LOG 航海日誌

2017/04/11

03月04日~03月11日 航海日誌

3月04日~03月11日 航海日誌 スーパーサウス

こんにちは、MINAです!
赤道コース1週目、2週目が大当たりし、今週も楽しみなスーパーサウス! はたして、どんな出会いが水中であるのでしょうか? 今回のメンバーは、リピーターの皆さんと宮古島のショップ「サンアイランド」の皆さんが期待を胸にやってきました。
土曜日の夜にマーレに到着してゲストハウスに泊まり、朝の国内線に乗ってガーフへ向かいます。空の上から見るモルディブ、「真珠の首飾り」とはよく言ったものですね(^_-)-☆

ダイビング 初日
暑い日差しの中、ソレイユ号に到着。その後、ガーフの東側まで移動して、海に入るのはランチの後です。チェックダイブは、いきなりのチャネルダイブで「マーレハ」へ。流れがなくゆっくりでしたが、マダラトビエイ編隊、コガネシマアジ群れが現れ、幸先の良いスタートとなりました。

2本目は、外海でサメ狙い。ブルーウォーターを泳ぎますが、お目当てのものには出会えませんでした。リーフ沿いでクマザサハナムロ、イエローバックフュージラー、ヒメフエダイ、ノコギリダイなどを見てエキジット。特別なサメは、明日からのダイビングに期待ですね☆

ダイビング 2日目
普通、このスーパーサウスは、ガーフ環礁スタートで赤道は超えずに潜りながら北上してマーレまで戻るコースです。けれど、先週も先々週もフォーミュラが当たっているので特別に赤道を超えてフォーミュラへ。今日はブルーウォーターをひたすら泳ぐダイビング! 気合が入ります!
1本目は、流れ弱くブルーウォーターに慣れていない人でも泳ぎやすい。泳いで、泳いで、そして、いました! 今週もタイガーシャークをゲットです!!
2本目でもサクッとタイガーシャーク、そしてニタリにも遭遇! こんなに簡単に見られてしまうと、何だかタイガーシャークのレア感が無くなりつつありますね(;’∀’)
そして、3本目! ハンマーヘッドシャーク発見! その後、何匹ものグレーリーフシャークとシルバーチップシャークを後ろに従えた大きなオーシャニックマンタ(オニイトマキエイ)が堂々と登場です。あまりのマンタの大きさにグレーリーフシャークがまるでコバンザメのよう。
ミラクルな海、フォーミュラをたっぷりと満喫した一日でした\(^o^)/

再び赤道を超えてガーフ環礁へ戻ります。先週は割と穏やかだった環礁越えも今回は結構揺れています。でも頑張って赤道直下のGPSをカメラで収めようとキャプテンルームに集合です。「00°00.000」を超えた瞬間に南半球から北半球へ。

ダイビング 3日目 朝一のダイビングはハンマー狙い。前日に複数のハンマーの目撃情報があったため、他にもドーニが停まっています。ブルーウォーターの中を泳ぐものの今日は空振り(>_<)
2本目は、「ニランドゥ カンドゥ」で久しぶりのチャネルダイブ。入る前から沢山のイルカが近くにいて、水中でもイルカの声が近くに聞こえます。でもなかなか出会えないのが憎いところ。流れは程よくミディアム弱、水色は悪くはないけど1本目より少し落ちた感じです。見られた魚は、グレーリーフシャーク、マダラトビエイ、ギンガメアジ、イソマグロ、カッポレ、ナポレオンなどなど。

3本目は、スピナーシャーク(ハナザメ)狙いのダイビング。エントリー直後からツムブリ、イエローバックフュージラー、コバンアジ、ニセランカンハギなどが群れています。その周りをカマストガリザメに似たスピナーシャークがウロウロしているのを近くで見られて迫力満点!

ダイビング 4日目
快晴、ベタ凪のダイビング日和♪ 今日は環礁を移動しつつ、ラームで2本、ターで1本チャネルを潜ります。

「フシ カンドゥ」では流れがほとんどない中でモブラの群れに遭遇。透明度が良い中で絵になりますね~ ダイビングが終わり、本船へ戻る途中にイルカの群れがドーニの近くまで寄ってきたので、すかさずスノーケルでジャンプ! イルカに夢中になり耳抜きが遅れ鼻血を出す人も(-_-;) イルカの呪い?!(笑)
「ムンナフシ カンドゥ」はアウトでスモールの流れ。流れがなくてもギンガメアジの群れ、バラクーダの群れ、ホソカマスの群れ、大きなナポレオンも数個体見られました。
穏やかに環礁を越え、ターでは「グライドゥ カンドゥ」でダイビング。段々と疲れが溜まってきた頃ですが、ミディアムの流れの中で頑張って泳ぎ、そしてエッジに掴まり、グレーリーフシャーク、イソマグロ、コガネシマアジの群れなどを観賞です。

今日の夜は、ナイトジンベイのポイントに停泊。ジンベイとなるとテンションも上がり、飲みたいお酒も我慢して来るか来ないか分からないジンベイを待ちます。赤道コースの一週目では、夜中遅くに登場しました。でも、できることなら早めに来てほしいところ。夕飯を食べ終わり船の後ろを眺めながら待っていると、やって来るではありませんか、ジンベイ様が! この子は、船底にぶつかったらしく背びれに青い塗料を付け、釣り針にやられたのか口の傷が痛々しい(>_<) でも大きな口を開け、ひたすらプランクトンを食べまくり、私たちを楽しませてくれました。

ダイビング 5日目 昨夜のジンベイの感動も冷めぬまま、今日も元気にチャネルダイブが続きます。朝一は、「グライドゥウ カンドゥ」でハンマー狙い。赤道一週目では、ここにグレートハンマーヘッドシャークがいました!(でも見られたのはガイドのKIKOだけでしたが・・・。)期待しながらブルーウォーターへジャンプ! いつものようにASLAMを先頭に1チームでハンマーサーチが始まります。すると、意外と早いタイミングでボディの逞しいハンマーに遭遇です♪
2本目の「オルギリ カンドゥ」は、透明度良しでまあまあの流れあり。流されないようにエッジの外海側へ向かってアゲインストで泳ぎますが限界もあります。チームによっては、着底したり、果敢に流れに逆らって泳いだり、早めに流したりと様々です。
午後にはターからミームへ環礁越えです。今日も凪なので移動が楽チン♪

そして3本目は、「ムリ コーナー」で潜ります。ここは赤道1週目でブルシャーク(オオメジロザメ)の出たポイント。リーフ近くでサーフィンをしている人がいたけれど、足元に凶暴なサメがいるなんて知らないのだろうな・・・。水中は、流れ弱くて透明度が良く快適な状態。グレーリーフシャーク、マダラトビエイ、ナポレオンなどいつものメンバーの他に珍しくカンムリブダイにも会えました。

ダイビング 最終日 明日は日本へ帰るというのに、今はまだミーム環礁です。フォーミュラへ足を延ばした分、例年よりも遅れ気味(;^_^A 今日は、1本ここで潜ってからヴァーヴ環礁へ移動します。
朝一は「ヴァンフラヴァヒ」。流れがほとんどなく、かなりまったり~~ 久しぶりにコラーレバタフライフィッシュ、インディアンバナーフィッシュ、ムスジコショウダイなどのフィッシュウォッチングがゆっくりできました。ブリーフィングで言われたウォッシングマシーンの可能性を気にしてカメラを置いてきた方もいたけれど、持って来ればよかったと少し後悔・・・。

今週の特に後半は、天気良し凪良しで快適です。とは言っても移動続きでキャプテンは大変でしょうけど。でも頑張ってもらい、お昼前にはヴァーヴ環礁に到着です。ここまで来ると戻ってきたな~って感じですね。
2本目は、お馴染みの「ミヤル カンドゥ」。ここでも流れ弱く、グレーリーフシャークが行ったり来たりするのをゆっくりと眺められました。中にはお腹の大きな妊婦さんのサメもいましたよ。

今週のラストダイブは、「カンドゥーマ ティラ」。ここ数本、流れがなかったので安心しきっていたら、あれー流れている(◎_◎;) 最後まで気を抜いてはいけないのがモルディブのクルーズですね!

皆さん、一週間お疲れ様でした。今週は赤道を超えないはずが、予定外の赤道越えをしてフォーミュラまで行き、しかもそこで大当たりでラッキーでした☆ タイガーシャーク、ハンマーヘッドシャーク、ニタリ、スピナーシャーク、シルバーチップシャーク、グレーリーフシャークとサメ三昧。そして、巨大なオニイトマキエイ、マダラトビエイの編隊、モブラの編隊にも出会えました\(^o^)/ 流れはまあまああったけど、強烈な流れはなかったので、物足りないと思う人、それでも大変だった人といましたが、それぞれの楽しみ方で、このスーパーサウスを楽しんだことだと思います。
来週からは久しぶりの通常コース、マンタ、ジンベイ、魚影の濃さが楽しみですね(*^▽^*)
それでは、また皆さんとモルディブの海でお会いできることを楽しみにしています(^O^)/
ご乗船誠にありがとうございました。

《今週のダイジェスト》
ソレイユ 美術部のJUNさんが今週のハイライトを絵にしてくれましたのでご覧下さい。

《今週の記念ダイブ》
SHOUJIさん 300本
TAKESHIさん 300本
JUNさん 200本
おめでとうございます(^O^)/

《写真提供》
NAOKIさん、HIROMICHIさん、「サンアイランド」TAKEさん、SHOUJIさん、KOJIさん、
ありがとうございました(*^▽^*)

Copyright © YOKOHAMA COMPANY All Rights Reserved.